家具移動

MENU

家具移動・組立・分解とは

家具移動業者

 

部屋の大掃除や模様替えをしたいと考えているとき、問題になるのが家具に関することです。大きなものだと、1人で家具移動を行うのは手間がかかる作業です。そのため実際に家具を動かして掃除をしたい場合には、どのような流れで行うのか最初にイメージすることも忘れてはいけません。

 

例えば1人で動かすのが難しい家具の場合には、家具分解ができないか調べてみるのも1つの手です。そのままの大きさだと動かせない家具でも、分解を行うことで掃除や模様替えも1人で行えるようになるかもしれません。また分解する場合には、家具組立のことまで考えることも必要です。分解したものの組み立てられなくなってしまうと、困ってしまいます。困った状況にならないようにするためにも、分解するときには元の状態に戻せるか考えたうえで行動することが大切です。実際に家具分解を行う場合の注意点の1つに、広いスペースを確保するという点があげられます。狭いスペースで作業を行うと、家具をぶつけて傷つけてしまうもしくはネジなどの部品をなくす可能性も高くなります。問題なく家具分解を行えるようにするためにも、最初に広いスペースを確保することが大切です。そして家具組立がスムーズに行えるように、分解したパーツはわかりやすく整理しておくことも忘れてはいけません。

 

家具分解ができずに家具移動を行いたい場合には、1人で行わずに友達や家族に手伝ってもらうのも1つの手です。便利屋などに依頼して移動を手伝ってもらうこともできるので、状況に合わせて家具移動を行うようにしましょう。普段動かさない家具の後ろには、埃がたまっています。また家具の隙間に小物を落としていることもあるかもしれません。そのような可能性もあるからこそ、定期的に移動をするなどの方法で掃除をすることも必要です。家具移動や分解は面倒だと思うかもしれませんが、家を良い状態に保てるようにするためにも定期的に行うようにしましょう。

一人で持てない家具の移動を自分でする方法

家具移動料金

 

模様替えや、大掃除、新しく購入した家具を自分だけで移動したいという時うまく移動できず四苦八苦する時があります。女性など非力な人でも移動をする方法があります。普段あまり重たいものを持たない人が突然重たい家具を動かせばどこか体を痛める原因にもなりますので、まずは軽くストレッチ運動をしておきましょう。まずタンスのように引き出しがついているものは全てはずして、中に物を収納したままにして運ばないようにします。これだけでも随分本体が軽くなります。背の高い家具などは分解することができる場合もありますので、最初に確認してみて下さい。少し手間に感じますが、スムーズに移動させるためには欠かせません。手には滑り止め付きの軍手をはめておきます。運ぶことに集中しすぎて知らないうちにケガをすることを予防するためです。

 

そして動かしたい家具と床の設置面に1枚ダンボールや小さめの毛布、座布団などを挟みます。すると床に傷をつけることなくスムーズに運ぶことが出来ます。自立した状態で運ぶよりも横倒しにしたり、自分のほうに倒して運ぶと楽に移動できます。階段を使う場合にもダンボールを階段に真っ直ぐに敷いて滑り台のような状態にすれば、その上を滑らせて移動させられます。家具を運ぶ時に気をつけたいのが、どこに力をかけて運ぶかです。闇雲に移動させると、慣れない作業で腰を痛める確率はかなり高いです。特に腕だけの力で引っ張るのではなく、体全体で引っ張ることです。反動をつければ後日どこか傷めることは間違いありません。

 

前かがみになったり無理に持ち上げようとすれば腰に力が掛かりますので傷める原因です。持ち上げる時には少し体を反らして、全身に家具の重さがかかるようにすると腰への負担を減らせます。この時、運ぶ家具に体を密着させるのがポイントです。体から離れているほどに余計な力が掛かってしまうからです。小さいけれど重たい家具でも、低い位置で持ち上げるのではなく腰より上に持ち上げて、お腹に乗せるような格好にすると楽に移動できます。

ヨーロッパ家具がブーム?ブランド物の家具の選び方

家具移動口コミ

 

ヨーロッパ家具と一口にいっても、イギリス王室やかつてのヨーロッパの貴族を思わせるようなクラシックなアンティーク調のものから、シックなモダン調、昨今、特に人気が高いナチュラルさの中にお洒落でポップな印象のある北欧調のものなど、様々なデザインがあります。そんなヨーロッパ家具で統一したインテリアに囲まれた生活を送ることができれば自然と豊かな気持ちになることでしょう。しかし、ここで気を付けなければいけないのがヨーロッパ家具のブランド物の選び方です。選び方を間違えてしまうと、全体的にごちゃごちゃとした印象となり、落ち着かない部屋になってしまいかねないのです。

 

では、どのように選んで行けば失敗をしないのかというと、まずポイントは出来るだけ同じブランドで揃えるということです。基本的にブランドが違うと、ティストにも違いが現れますので、揃えられるのであればそろえた方が全体の統一感が出ます。特にクラシックなアンティーク調の家具はブランドの色が強くでているものが多いので、気に入った物をあれこれ買っていると家具同士が喧嘩してしまうのです。どうしてもブランドで揃えられないというような場合は、似たようなデザインで揃えるとよいでしょう。ブランドが違っても色や装飾などを揃えることで統一感を出すことができるのです。

 

北欧風の家具の場合は、ポップな色合いのものが多いので特にデザインの統一性に気を付けた方がよいでしょう。可愛いからといって、バラバラのデザインや合わない色使いのもので揃えてしまうとお洒落なイメージよりもごちゃごちゃしたイメージになってしまいかねないので注意が必要です。このように家具自体に統一感を出すのも重要ですが、選ぶうえで一番大切なことは部屋のコンセプトを決めておくことです。ヨーロッパ家具には先述したように様々な雰囲気がありますので、どのような部屋にしたいのかで選ぶデザインは変わってきます。リビングは落ち着いたモダンな雰囲気で、子供部屋はポップにというように部屋のコンセプトを決めて選ぶようにしましょう。

デザインから考える家具選びのコツ!ジェネリック家具の選び方

家具移動一括見積もり

 

家具といえば機能性や素材、質感なども選ぶ上で重要なポイントとなります。しかしジェネリック家具を選ぶ際には、一度そうした概念を捨てた方がいい買い物ができます。何故ならジェネリック家具とは、本来なら高額なはずのデザイン家具を安く買えるところに魅力があるからです。逆にいえばデザイン性に優れた家具を安く買いたい人には、ジェネリック家具の購入が最もおすすめできます。一方で何故安くなるかというと、元のデザイン家具と見た目は同じでも素材などの部分でコストを浮かせているカラクリがあります。この影響で肌触りは本来のものより悪かったり、耐久性においても若干脆かったりするわけです。ですからこういった要素が一番大事だと考える人には、ジェネリック家具は向いていないでしょう。

 

よってジェネリック家具を選ぶ場合には、そのデザインと価格の2つから考えていってください。もちろん既に意匠権が切れたものをジェネリック化していますので、違法なコピー品などでもありません。実用性は十分兼ね備えていますし、今までデザイン家具は高額で手を出せなかった人にも、安心して購入できる喜びがあります。まさに現代の家具選びは、安くてオシャレなものを当たり前のように買えるところまで来ています。

 

加えて、販売店やメーカーも一緒に選びましょう。例えば万が一のときに修理や返品をお願いできるのか、これは非常に大切です。ジェネリック家具の中には見た目だけを似せて形を整えたものもあり、それを大量生産して沢山売ろうとしているメーカーもいます。購入していざ数日間使ってみると、それだけでもう何か問題が出てくる可能性があるのです。こうしたときにちゃんとサポートをしてくれるのか、リスクマネージメントをしながら選ばなければいけません。以上のことから、ネット通販でのジェネリック家具選びはおすすめできません。実店舗で現物を見ながら、信頼できるものかどうか見極めましょう。デザインを考えるのは、その信頼性を実感してからでも遅くはありません。順序を守って選んでいけば、より失敗の少ない購入ができるでしょう。

家具1点だけ、引越し業者と運送会社どちらを選ぶ?

家具移動配送業者

 

通常の引越しは家具や家電などの大型の荷物のほかに、服や生活雑貨なども一緒に運んでもらわなければいけません。こうした作業には専門的な引越し業者を利用するのが一般的ですが、中にはタンスや本棚、テーブルだけといった家具の1点だけを運びたい状況が生まれることもあるでしょう。手で抱えられる程度なら自分で運ぶことも可能ですが、タンスなどは1人で持つには大きく、重量もそれなりにあるので移動は容易ではありません。無理に運ぼうとすると壁にぶつけて傷やヘコみを作る原因にもなりますし、落として破損してしまうこともあるので、よほどの力自慢で自信がなければ専門業者に頼ることになります。
問題となるのは依頼する業者をどうするかという点で、シンプルに考えれば引越し業者が最初に思い浮かびますが、運送会社もまた同様に家具の移動をしてくれるのでどちらを選ぶか悩ましいところです。引越し業者は常日頃から家具を運んでいるので、荷物の取り扱いという点では問題はありません。建物に傷が付かないよう養生などをして慎重に運んでくれるので、それだけを考えれば最適な選択と言えます。ただし、引越し業者は荷物の取り扱いを慎重にするため、家具の1点でもスタッフを2人用意したり、養生などで手間がかかるため見積もり金額は高めになることがあります。また、長距離なら他の荷物と一緒に運ぶことで割安になりますが、近場ではやや高めの料金設定になることが多いようです。

 

対する運送会社は、基本的に1人で運ぶことが多いため料金は安く設定されていますし、全国を回っているため近場や長距離でもそう違いが出るものではありません。ただし、荷物を運ぶのが運送会社の仕事なので、梱包自体は自分でしなければいけませんし、状況によっては運び出しを手伝う必要もでてきます。料金がかかっても丁寧に運んでもらいたいか、梱包や手伝いの手間がかかっても安くしたいか、自分の状況に合わせて選ぶことが大切になります。